【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第129回 〈にしんそば・おばんざい専門ECサイト「」やぐ羅〉/生産者との信頼関係から選ぶ高品質が

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

にしん姿煮・おそば・おだしセット

●こだわり
 京都で生鮮魚に代わる保存食として作られてきた「身欠きにしん」(にしんの干物)をそばにのせた「にしんそば」。この地で誕生した明治時代から「にしんそば」を作り続けている「やぐ羅」は、伝統の味を守るため、昔ながらの製法と素材に大きなこだわりを持つ。
 「にしんは、製造工程全てを手作業で行い、北海道の自社工場で作っています。身欠きにしんは、創業当時から継ぎ足してきただし(砂糖・しょうゆ)で骨が柔らかくなるまで一釜ずつ丁寧に職人が炊き上げています」
 手間暇かけたにしんの姿煮とそばの出汁の相性は抜群。変わらぬ味は、時代を越えて愛されている。また、実店舗で「にしんそば」と並ぶ人気のメニューが「山椒ちりめんご飯」。こちらもこだわりの詰まった逸品だ。
 「当店の山椒ちりめんは、国内産の吟味したちりめんじゃこと実山椒を、酒・みりん・しょうゆのみであっさりと仕上げています。2008年に『京ブランド食品』に認定され、その後売り上げは約2倍になりました」

●客層
 地元の人をはじめ、全国から観光で京都を訪れる人にも、この店のファンは多い。ネットショップの客層は、「あの店の味を家でも食べたい」という人や、贈り物として購入する人が多いという。
 「京都まで来店できない地方のお客さまから、とても喜ばれています。『贈り物でもらっておいしかったので』とご注文いただき、リピーターになってくださる方も多いです。また、全国の生協の共同購入でも販売しており、そこで購入された方が他の商品もないのかと当店のネットショップを見ていただき、注文につながっています」


(続きはネット経済新聞3月31日号で)

伝統のにしんそば

手頃な価格と量目で袋詰めした「山椒ちりめん」

清水一博氏

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ