【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第388回 〈造花・人工樹木専門ECサイト「岩や」〉/品質や要望に熟練スタッフが技術を生かして対応(2022年8月4日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

岩川和弘社長

 高知県中央部の越知町(おちちょう)で、造花・人工樹木を製造販売する「岩や」。約30年前から製作を開始し、品質にこだわった商品、さまざまな要望に応えたオリジナル商品など、熟練スタッフがその技術を生かして手作りしている。衛生的で手間がかからないなどのメリットから、インテリアとしての人気も上がっているという。近年の傾向、反響と売れ行きなどについて、岩川和弘社長に聞いた。

◆こだわり・特徴

 「岩や」では、岩川氏自ら中国で直接葉材や鉢などを買い付け、本物の質感にこだわった造花・人工樹木を製作している。
 「鉢に設置しない一部の商品を除き、一つ一つオリジナルで製作しています。特に『葉付け』は長年の経験とセンスが必要で、他国の大量生産品とは比較になりません。また当社では、他店で製作を断られた難題の案件でも、じっくり話をお聞きしながら考え、ご希望に沿えるよう、あらゆる案件に挑戦しています。観葉植物のほか、近年は大型の盆栽の注文も増えてきました」
 現在90種類以上をラインアップしており、全商品が光触媒加工されているので、消臭、抗菌、防カビ効果などがあるのも魅力だ。
 「本物に近い質感、品質はもちろんですが、高さ調整や鉢の交換ができるので、置く場所に合わせたオリジナルを注文される方が多いです。光触媒加工のほか、最近はご要望の多い難燃加工の商品に力を入れています。難燃加工は、葉の種類によって薬剤の濃度や時間、方法などを変えて加工を施しています。加工済みと未加工、見た目はあまり変わりませんが、燃えにくさはかなり違います」


◆客層・売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月4日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】岩や
【開設時期】2005年8月
【EC運営人数】2人
【ショップ形態】自社ショップ、アマゾン
【導入システム】自社開発システム
【配送委託先】佐川急便、西濃運輸、日本郵便、ヤマト運輸
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

ベンジャミン(200センチメートル、GOWー430)

菩提樹(160センチメートル、GOWー428)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ