【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□282 ジャパンEコマースコンサルタント協会 宮松利博特別講師・参事〈「ShupattO」〉/レジ袋有料化で話題も動画活用に課題

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

静止画のみで特徴を説明

 ECとは「モノを売るサイト」なので、時として「芸術性」「クリエーティビティー」は販売の邪魔になることが多いです。やっぱり「コッテコテでっせ!安おまっせ!」が最強…でもそれじゃ「ショッピングの楽しさ」が失われます。
 そんな「デザイン」と「機能」の狭間をさまよい歩くEC界隈のわれわれにとっても、アッと驚く商品が年に数回現れます。私の場合、20年春のレジ袋有料化で出会ったこの商品、その名も「ShupattO(シュパット)」がそれです。
 野球ボールくらいの大きさに折り畳めて、いざというときは8リットルの大容量ショルダーバッグに変身する。何と渋めのカーキもある。これならいつお使いの命令が発動されてもテンション高めで出動可能です。


■動画を掲載すべき

(続きは、「日本ネット経済新聞」1月28日号で)

〈筆者プロフィール〉
みやまつ・としひろ
 株式会社ISSUN代表取締役。00年からEC数社を立ち上げ、年商20億円などの急成長で、06年に株式上場。同時に保有株を売却、渡米しシリコンバレーなど海外の次世代eコマースの運営現場を研究しながら、スマホやソーシャルメディアによる新たなマーケティング手法を確立。11年にウェブ制作・マーケティング会社、ISSUNを設立。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ