【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第419回 〈精肉・肉加工品専門ECサイト「ホクニチ」〉/鳥取ブランド肉の上質ギフトをコンセプトに展開(2023年5月11日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

畑綾子氏

 鳥取県米子市の畜産・水産加工会社ホクニチでは、業務用商品を取り扱うとともに、自社ブランド「大山(だいせん)物語」シリーズを販売。「鳥取県の名峰・大山の麓で生まれた食材を使った上質ギフト」をコンセプトに展開し、「大山豚手造りロールステーキ」がお取り寄せの人気商品となった。商品開発部兼品質管理部の畑綾子氏に聞いた。

◆特徴・こだわり

 鳥取のブランド肉である鳥取和牛、大山豚、大山どりを、それぞれの肉に合う料理用に加工し、上質なギフトに。ロゴやパッケージデザインにもこだわりが詰まっている。
 「ロゴは、大山物語のおいしさが末永く語り継がれるよう、大山の地層をイメージした横線で山を描き、太陽を思わせる円にブランド名を納めました。黒い箱に金色の文字の組み合わせで、お肉の色が映え、品よく重厚感のある雰囲気に。ギフト箱にはしま模様を透明なニスでプリントし、手に取った際にこだわりが伝わる物を目指しました」
 大山物語以外に、さまざまな肉を取り扱うホクニチならではの商品もラインアップ。
 「『蔵王あい鴨鍋セット』は、宮城県蔵王町で育てられた合鴨肉を使っています。この商品開発のきっかけは、当社社長の酒井が『鴨肉が好きだから!』です。山陰向けに卸している業務用の鴨肉の多くを当社が加工しており、ギフト用の『鴨乃屋』シリーズとしても売り出しています」


◆広がり・売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」5月11日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】ホクニチ
【開設時期】2018年5月
【EC運営人数】4人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】カラーミーショップ
【配送委託先】ヤマト運輸
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

大山豚手造りロールステーキ 調理例

大山豚手造りロールステーキセット

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ