【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第399回 〈伊勢の伝統薬専門ECサイト「伊勢くすり本舗」〉/現代のライフスタイルに合わせた伝統薬(2022年11月3日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

加藤宏明氏

 1570年創業、三重県伊勢市の「加藤延壽軒」を受け継ぎ、伊勢の伝統薬「萬金丹」などを製造販売する「伊勢くすり本舗」。24代目の加藤宏明社長は、長い歴史の中で使われ、親しまれてきた伝統薬を、現代のライフスタイルと合ったものに作り替えていきたいという。長年のリピーターに加え、メディアやSNSなどの情報発信で客層が広がりを見せている今、その取り組みや反響について聞いた。

◆特徴

 600年の歴史を持つ「萬金丹」や、江戸時代の処方をもとに作られた「おはらい丸」など、国の許可を持って伊勢の伝統薬を製造販売しているのは、現在三重県で伊勢くすり本舗のみだという。
 「伝統薬を日本の薬の文化として捉え、次世代に残すべく、現代に合った商品を開発しています。萬金丹に使われている和漢植物を練り込んだ『萬金飴』は年間12万個のヒット商品で、伊勢土産としても人気です。これに続き、若い世代にも萬金丹のエッセンスを感じてもらいたいと『萬金コーラ』を開発しました。また、22年1月、伊勢神宮おはらい町にカフェ併設の伝統薬店をオープンし、萬金コーラや『萬金アイス』などを提供しています」
 ECサイトでは、伝統薬、萬金飴や萬金コーラのほか、自社栽培の生薬を使った商品も販売している。
 「原料の生薬の多くは中国や東南アジアからの輸入ですが、今後の原料調達には問題点もあります。当社では、薬作りの原点に戻って生薬栽培を始めています。無農薬栽培の芍薬で、漢方薬『伊勢芍薬甘草湯』や入浴剤『神楽の薬湯』などを作っています」


◆売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月3日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】伊勢くすり本舗
【開設時期】2004年6月
【EC運営人数】3~5人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】カゴヤ・ジャパン
【配送委託先】ヤマト運輸
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

萬金丹

萬金コーラ(クラフトコーラ)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ