【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第328回 〈出雲型勾玉・天然石アクセサリー専門ECサイト「アナヒータスタイル」〉/「出雲型勾玉」を全国で唯一継承

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

新宮寛人社長

 天皇陛下の皇位を象徴する宝物「三種の神器」の一つである「勾玉(まがたま)」。島根県松江市の「めのや」は、「出雲(いずも)型勾玉」を全国で唯一継承し、作り続けるとともに、天然石のアクセサリーや雑貨を製作。全国47の実店舗と、ECサイト「アナヒータスタイル」にて販売している。コロナ禍で人気のマスクチャームやハンドメードアクセサリー、新商品、新店舗、施策などについて、新宮寛人社長に聞いた。

◆思い・特徴

 「健康を守り、身に起こる災厄を除ける強力なお守り」の意味を持つ勾玉。人々の幸せを願い、職人が一つ一つ丁寧に手作業で製作している。
 「勾玉は、神話の時代から脈々と受け継がれている日本の宝物であり、伝統工芸品の源でもあります。この伝統を受け継ぐということは、例えるなら駅伝のたすきを次の走者へつなぐように、先人たちの思いに恥じぬよう、そして歴史に少しでも色を添えられるよう紡いでいくことだと考えています。幸いにも、勾玉の大切さ、伝統工芸の継承の大切さが広まりつつあり、職人になりたいという若者も増えています」
 国内外で厳選した天然石を使い、出雲型勾玉のアクセサリーを中心にデザイン性を重視したオリジナル商品を製作。願いをかなえるお守りとして身に着ける人が多いという。
 「お客さまの好みの石で選ぶ方が多いと思いますが、やはり願い事を重視される方が多いです。何を選んだらいいか分からない方のために、ご自身に合った石を知っていただくラッキーカラー占いも掲載しています」


◆最近の動向

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月25日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】めのや
【開設時期】2007年5月
【EC運営人数】7人
【ショップ形態】自社ショップ、楽天市場、アマゾン
【導入システム】MakeShop
【配送委託先】日本郵便
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

出雲きりこ お守り装身具

勾玉マスクチャーム

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ