【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第445回 <国産マツタケ専門ECサイト「世羅の大地」> 独自性高い「国産松茸ジェラートもなか」が海外からも評価(2023年11月30日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

国産松茸

 広島県中央部に位置する世羅町は、かつてマツタケの一大産地であったことから、現在も国内有数の取扱量を誇る地域だ。「世羅の大地」はこの町で国産マツタケを扱う専門店で、全国のよりすぐりの産地から買い付けた鮮度の良いマツタケを販売している。生鮮マツタケだけでなく加工品にも力を入れ、独自商品を増やし、売り上げを伸ばしている。松浦辰行社長に聞いた。

◆特徴・こだわり

 世羅の大地では、全国から買い付けしていることや、鮮度を保つ品質管理の徹底、そして冷凍品や加工品も販売することで、年間を通じて希少な国産マツタケを提供している。
 「生鮮マツタケだけでなく、冷凍のマツタケや加工品の販売に踏み切ることで、年間を通して人材の確保もできるようになりました。信頼できる山元の方からマツタケが届くと、当日出荷、冷凍用、加工品用に選別し、最短時間で検品から箱詰め作業までを行います。冷凍品は、業務用凍結機を使用することで、『冷凍だけど、この香り!』と感じていただける商品を通年販売しています。また、毎年秋にイベントを行い、冷凍国産マツタケつかみ取りが大人気企画となっています」
 加工品では、独自性が高い「国産松茸ジェラートもなか」が人気を集めている。
 「当社はもともと広島でレストラン経営を行っており、その時提供していたマツタケを使ったミルクジェラートが好評で、世羅の大地でも商品化したいと国産松茸ジェラートもなかを開発しました。『おもてなしセレクション2022』を受賞した際、海外の方からその組み合わせのユニークさや味を高く評価していただきました」


◆売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月30日号で)

<運営会社概要>
【運営】世羅の大地
【開設時期】2017年
【EC運営人数】5人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】らくうるカート
【配送委託先】ヤマト運輸

国産松茸ジェラートもなか

松浦辰行氏

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ