【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第326回 〈フルーツワイン専門ECサイト「立花ワイン」〉/八女地方の豊富なフルーツ生かした商品作り

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

森松正覚氏

 福岡県八女市の立花ワインでは、地域の特産品であるキウイフルーツを使ったキウイワイン工場を1992年に設立。その後、「博多あまおう」などを使ったこだわりの完熟フルーツワインを開発し、女性を中心にファンを増やしている。昨年、コロナ禍の影響で観光バスの団体客が減少したことからネット販売の強化に取り組み、徐々に成果が出ているという。ECサイト担当の森松正覚氏に話を聞いた。

◆特徴

 立花ワインのこだわりは、自然豊かな八女地方の豊富なフルーツを生かした商品づくり。地域の特産品の魅力を発信する商品にもなっている。
 「八女市で育った風味豊かなフルーツを最大限に生かすため、発酵加減でアルコールと糖度のバランスを良くして、女性やお酒が苦手な方もおいしく感じていただける飲み心地を意識して製造しています。女性7割、男性3割と女性のお客さまが多く、50~60代を中心に幅広くご購入いただいています」
 使用しているフルーツによって、それぞれ違った飲み方を楽しめるという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月4日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】立花ワイン
【開設時期】2016年
【EC運営人数】2人
【ショップ形態】自社ショップ(運営は代行会社)
【配送委託先】ヤマト運輸

博多あまおういちごワイン

キウイワイン

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ