ニュースキンジャパン/表参道にカフェ併設の路面店/「東京エクスペリエンスセンター」を移転

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

小林社長(写真中央)と会員代表によるテープカット

 ニュースキンジャパン(本社東京都、小林和則社長)は7月12日、製品の試用や体験ができる「東京エクスペリエンスセンター」を東京・表参道に移転し、オープンした。大阪エクスペリエンスセンターに続いて二つ目の体験型店舗で、これまでの西新宿から移転、東京メトロ・表参道駅から徒歩5分の路面店舗にした。
 オープン前日に、新型コロナウイルス感染症対策として、混雑緩和のために関係者内覧会とテープカットセレモニーを実施。オープン初日は完全予約制、少人数で1組25分程度の店内ツアーのみを行った。地上3階建て、3フロア展開の開放的な空間や、ゆっくりと製品を体験できるフロアなどに、参加者から驚きや喜びの声が上がったという。
 店内はライトグレーの木目を基調とする採光性に優れた空間デザインを採用。1階には誰でも利用できるカフェを併設し、人気定番メニューだけでなく、東京限定で味わえるメニューも期間限定で用意したという。
 2階はさまざまな体験ができるビューティフロア。温水が使える洗面台を備え、席数を拡充したエステティックブースを中心に、肌や栄養状態などをチェックできるVISIA(ビジア)や、ファーマネックス バイオフォトニック スキャナーS3など、体験エリアを充実させている。自由に製品を試せるコーナーも設けた。
 会員が使用できるラウンジは3階に設けた。大型スクリーンを備え、レイアウトを変えるとセミナーやワークショップなどが開催できるという。

「東京エクスペリエンスセンター」外観

オープン時の店内の様子

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ