【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第263回 〈本榧製品専門ECサイト「榧工房 かやの森」〉/榧の森づくり進め、製品通じ魅力を発信

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

前川穎司氏(写真左)と前川美智子氏

 高知県高知市の株式会社高知前川種苗が運営する「榧工房 かやの森」は、日本で唯一の榧(かや)の専門店。希少な榧を国内で最も多く所有し、まな板や箸、食品などさまざまな商品を製造販売している。未来の榧の森を目指して苗木の植樹も行っている。榧の魅力を伝える商品やサイト作り、ネットショップの状況ついて、店長の前川美智子氏に聞いた。

■特徴・想い

 高知前川種苗の前川穎司会長は日本棋院高知県支部の支部長を務めており、囲碁アマ六段の腕前。囲碁好きが高じて40数年前から碁盤を集め出したのがきっかけで、その素材である榧に惚れ込み、さまざまな取り組みを行ってきた。
 「榧の木は、囲碁・将棋をする方、木や山に携わる方などしか知らない希少な素材であり、当社は国内外から榧材を仕入れ、日本一材料を持っています。『前川榧碁盤店』では碁盤・将棋盤を専門に販売しており、『榧工房 かやの森』ではまな板など身近な商品をそろえています。高知県香美市で自社栽培している榧の木から収穫した榧の実の食用油、石けん、ナッツ、榧の果肉から抽出した香りの香水は、当社ならではの商品です。榧は成長が極めて遅く、碁盤に使う木は樹齢300年以上のものですが、日本の榧は少なく絶滅に近い状況です。そこで当社は、四国の山や森、畑に、これまで30万本以上の榧を植えてきました。この榧の森づくりへの取り組みを続けるとともに、製品を通して榧の魅力を知っていただきたいと思っています」

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月1日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】株式会社 高知前川種苗
【開設時期】2011年11月
【スタッフ数】3人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】shopserve
【配送委託先】ヤマト運輸

抗菌性・耐久性に優れた「本榧まな板」

希少な榧の実から絞った「榧の実油」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ