【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第444回 <ご当地焼きそば・ご当地グルメ専門ECサイト「やきそば王国」> 各地の特徴に合わせ小麦粉から製造、人気商品へ(2023年11月23日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

吉野家 牛肉やきそば

 静岡県焼津市の昭和ミートは、食による町おこし活動を応援する会社として、地元静岡の「富士宮やきそば」をはじめ各地のご当地焼きそば・ご当地グルメの冷凍商品を製造販売している。名店の監修やコラボレーションによって本場の味を再現した商品は、コロナ禍の内食・中食需要拡大によって大きく売り上げを伸ばしたという。水谷賢司社長に話を聞いた。

◆特徴

 昭和ミートでは、「B―1グランプリ」の主催団体である「愛Bリーグ」公認商品をはじめ、ご当地グルメの冷凍商品を販売。製麺や直火焼成にこだわっているという。
 「当社は小麦粉から製麺を行っているので、各地の特徴に合わせた麺の製造が可能です。実際に直火で焼成していない冷凍商品も多いですが、当社では大型の回転釜で一気に麺を焼成しているので、鉄板で炒めたような食感に仕上がります」
 一番人気の「富士宮やきそば」をはじめ、老舗洋食店「センターグリル」監修の「横濱ナポリタン」や、吉野家とのコラボ商品「吉野家 牛肉やきそば」も人気だ。
 「富士宮やきそばはB―1グランプリで殿堂入りを果たし、全国で愛されています。当社の商品を購入された方からは、『旅行に行った時に食べた富士宮やきそばを自宅で簡単に食べられてうれしい』という声を多くいただきます。また、牛肉焼きそばは、吉野家×富士宮やきそばという他にはないコラボ商品です。富士宮市に吉野家さんが出店したいという時期に、地域のお祭りに一緒に参加し、このお祭り限定で販売したものを商品化しました」


◆売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月23日号で)

<運営会社概要>
【運営】昭和ミート
【開設時期】2019年10月
【EC運営人数】2人
【ショップ形態】自社ショップ、楽天市場、ヤフーショッピング、auPayマーケット、JRE MALL
【導入システム】BASE
【配送委託先】ヤマト運輸

富士宮やきそば

水谷賢司氏

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ