【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第334回 〈こんにゃく製品専門ECサイト「丹野こんにゃく」〉/懐石料理やデザートまで、SNS発信で若い世代にも反響

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

丹野益夫会長

 創業昭和34年、山形名物「玉こんにゃく」をはじめ、懐石料理やスイーツなどバリエーション豊富なこんにゃく料理を提供している「丹野こんにゃく」。これまで積極的な情報発信を行ってこなかったが、SNSで発信を始めたことで若い世代の反響があり、実店舗・ネットともに売り上げが伸びているという。丹野益夫会長とECサイトスタッフに聞いた。

◆特徴

 丹野こんにゃくのおいしさの秘密は、「水」「職人の技と丁寧な仕事」、そして「こんにゃくの新たな魅力を追求する情熱」だ。
 「山形県上山市楢下にある当社の敷地内地下二百数十メートルから湧き出る水が、こんにゃくの味を決定づける大きな要素です。蔵王連峰に囲まれ、恵まれた気候・風土の中で、絶妙な味わいのこんにゃくが生まれるのです。こんにゃくのクセがないように作っているので、他の素材のおいしさも生きてきます。季節により料理は変わりますが、お食事処のメニュー、土産品・ネット販売商品合わせて60種類くらい作っています。これまでに開発したメニューは300を超えると思います」
 ECサイトでは、伝統の「玉こんにゃく」に加え、この店ならではの個性あふれる商品が人気だという。
 「『お手軽メンマこんにゃく』は、添付のタレで簡単に調理できる手軽さで人気です。最近リピーターが多いのは、熟した果実をイメージした新感覚こんにゃくデザート『こんにゃくみぞれ』です。通常のこんにゃくゼリーとは食感が全く違いジューシーで、人気商品となっています」


◆売れ行き・声

(続きは、「日本ネット経済新聞」4月8日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】丹野こんにゃく
【開設時期】2006年3月
【EC運営人数】3人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】EC―CUBE
【配送委託先】ヤマト運輸

「お手軽こんにゃくセット」

「こんにゃくみぞれ ら・ふらんす 詰め合わせ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ