【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第188回 気仙沼名産品専門ECサイト<気仙沼さん>/地域一丸となって気仙沼の魅力を全国へ発信

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

廣野一誠氏

 宮城県気仙沼市の魅力を全国に発信するECサイトとして多くのメーカーの商品を取り扱い、人気を集めてきた「気仙沼さん」。2016年3月に休店となったが、同年11月に復活。この店の思いを受け継ぎ、以前の状態に戻すために行ってきたこと、新たな販売展開などについて、運営を引き継いだ廣野一誠氏に話を聞いた。

●きっかけ・特徴
 以前はECサイトの利用者だった廣野さん。休店前の運営会社と知り合いだったことから、ネット通販事業を引き継ぐことになった。
 「『気仙沼さん』が50社以上のメーカーの商品を扱っていたこと、まだ扱っていないメーカーが気仙沼には何十社もあることを聞いて、驚きました。開設から10年以上経つサイトでしたが、〝やれることはたくさんある〟と大きな伸びしろを感じ、引き継ぐことを決めました。当店では、地域一丸となって全国に商品をお届けする姿勢にこだわり、気仙沼の商品なら何でもまとめて買えるサイトを目指しています。メーカーから直送するものもありますが、注文の半分はメーカーに発注を流し、その都度集荷を行い、複数のメーカーの商品をまとめて梱包・発送することで送料を抑える工夫をしています。元の運営会社からスタッフ2名が転籍してきてくれましたが、注文が入る度にテキパキと処理をする姿にはいつも感心しています」

●声・商品展開
 購入者は50代以上が中心。三陸地方出身で、昔食べていた食材を懐かしんで注文する人が多いという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月12日号で)

磯の香りと甘さが特徴の「冷凍 おさしみむほや」

ご飯がすすむ「三陸産 絆ヘルシーめかぶ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ