【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第351回 〈牛肉加工製品専門ECサイト「牛とろの北海道十勝スロウフード」〉/牛の健康を重要視、安心して食べられる「牛とろ」提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

藤田恵氏

 北海道十勝清水町の「十勝スロウフード」は、1991年の誕生以来根強い人気を誇る「牛とろ」をはじめ、「自分の子どもにも安心して食べさせることができる」製品作りに取り組んでいる会社だ。メディアでの紹介で知名度を上げ、最近ではSNSやユーチューバーの口コミ、コロナ禍での応援購入も増え、売り上げが伸びているという。藤田惠社長に聞いた。

◆特徴・こだわり

 十勝スロウフードのメイン商品「牛とろフレーク」は、熱々のご飯に凍ったままふりかける「牛とろ丼」の食べ方で数々の賞を受賞している。
 「『全国ご当地どんぶり選手権』では特に小学生に人気で、5回おかわりしてくれた人や、毎年楽しみで私の顔を覚えていてくれる人も多く、リピーターが絶えません。『牛とろフレーク』が安全に作られていることに加え、ご飯も常においしい炊き立てを提供するノウハウを持っています。取り扱い方法など、飲食店の皆さまに協力していただいている点も大きいです」
 「牛とろフレーク」の人気の理由は、「牛をできるだけ健康に育てること」をコンセプトに出来上がった商品であるからだという。
 「牛は草食動物ですが、一般的な肉牛生産では短期間で大きく太らせるために出荷前1年間くらいは穀類豆類などを多く食べさせており、牛の内臓に大きな負担がかかっています。『牛とろ』の生みの親である斉藤英夫さんに、経済性重視から牛の健康第一に方向転換する大切さを教えられ、牛の健康を最も重要視し、その牛肉をできる限り安全な状態で加工する食品作りに取り組んでいます」


◆反響・広がり

(続きは、「日本ネット経済新聞」9月9日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】有限会社十勝スロウフード
【開設時期】2005年5月
【EC運営人数】4人
【ショップ形態】自社ショップ、楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾン、auPAYマーケット
【導入システム】受注でポン
【配送委託先】ヤマト運輸、佐川急便

牛とろフレーク(牛とろ丼)

牛とろプレミアムハンバーグ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ