【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第180回 手彫り印鑑・表札専門ECサイト<はんこと表札の畑正>/「京印章」の伝統・技術を継承、独自サービスで差別化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

畑秀明氏

 創業明治4年、京都の伝統産業のひとつである「京印章」を中心に製作・販売する老舗「はんこと表札の畑正」。「京印章ブランド」を広めるべく、この店が行っているのは、お客さまが納得いくまでデザインを確認~修正し、丁寧な手彫りで仕上げること。顧客満足度の高い商品・サービスへのこだわり、反応などについて、畑秀明社長に聞いた。


●こだわり・サービス
 「はんこと表札の畑正」では、業界の先達が築き上げてきた地域ブランド「京印章」の伝統・技術を継承するとともに、独自のサービスで他サイトとの差別化を図っている。
 「他のいくつかの地域ブランド業界では、その生産者の身勝手な行動により世間から〝安物〟呼ばわりされ、ブランドそのものが地に落ちるという事例が散見しています。京印章においてはそのようなことがないよう基本ルールを厳守し、京印章ブランドを国内外に広めたいと思っています。当店の特徴は、特に印章において、事前にデザインをお見せし、お客さまが納得するまで校正し、製作していること。最低でも2種類、ご要望があれば変更にも対応します。このサービスは手間暇とエネルギーを必要とし、また確かな技術がないとできません。価格の安さで勝負するサイトとは違い、価格以上の付加価値として納得と満足、安心を購入していただきたいと考えています」

●反応・声
 ネットショップ利用者の購入動機として、「サイトを見てファミリー的な印象を受けた」「一生ものを作るのに信頼できそう」「印影や作品を見て、歴史があり技術もあると感じた」などが挙げられるという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月27日号で)

黒水牛とスワロフスキーを合わせた「クリスタルステラ」

硬くて粘りがあり艶も最高な「象牙」は一生もの

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ