【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第395回 〈ギョーザ・シューマイ専門ECサイト「たれ屋」〉/初回購入約1年待ち、唯一無二のギョーザ(2022年10月6日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

木内政信氏

 香川県善通寺市にある「たれ屋」は、行列ができるギョーザ店としてテレビで取り上げられたのをきっかけに、全国で知名度がアップ。ネット販売も”行列”で、「クロワッサン餃子」は初回購入約1年待ちが続いている。さらに、クロワッサン餃子と同様に長い年月をかけて完成した「十二年焼売」も話題となり、こだわり抜いた味のファンを増やしている。木内政信社長に話を聞いた。

◆こだわり・広がり

 オリジナルレシピ開発に10年、食材選びから調整に4年かけて完成したクロワッサン餃子。手間暇をかけた唯一無二のギョーザは、地元の口コミから全国に広まった。
 「自分のギョーザをいちから作りたいと思い、ギョーザ作りに没頭すること14年。最高のレシピと最高の食材、そして通常のギョーザ作りの4倍もの手間(工程)をかけた独自の調理法を確立しました。07年の発売当初はワゴン車で販売していましたが、お客さまの口コミで広がり、地元で注目されるようになりました。全国放送のテレビで紹介されたのをきっかけに知名度が上がりましたが、大きな反響は一時的なものでした」
 メディア露出による反響は一時的であったものの、ECサイトでも口コミで評判となり、リピート率約9割の高い数字を保っているという。
 「『おとりよせネット』で高い評価をいただいたことや、有名人のお薦め、お客さまが口コミサイトやSNSで紹介いただいたことなどによって、リピーターが増えていったと思います」


◆売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月6日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】たれ屋
【開設時期】2008年4月
【EC運営人数】4人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】非公開
【配送委託先】ヤマト運輸

クロワッサン餃子

十二年焼売

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ