【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第373回 〈瓦そば専門ECサイト「元祖瓦そば たかせ」〉/ご当地グルメの「瓦そば」創業時の味を守り続け (2022年3月31日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

山本幸也氏

 熱した瓦の上に茶そばと具材を盛りつけ、つゆにつけて食べる「瓦そば」。下関市をはじめ山口県のご当地グルメ、家庭料理として親しまれている瓦そばを開発したのが、「瓦そばたかせ」の創立者、高瀬慎一氏だ。元祖としての味を守り続けているこの店のファンは多く、コロナ禍で実店舗に来られないファンを中心に取り寄せが増えているという。統括部長の山本幸也氏に話を聞いた。

◆特徴

 1962年に瓦そばが誕生し、名物料理として評判になった下関市の川棚温泉をはじめ、山口県内と北九州市で飲食店を運営する瓦そばたかせ。実店舗での本場の味の提供が中心だが、家庭用商品は地元の人をはじめ土産としても人気の品だ。
 「香り豊かな茶そばはもちろん、そばつゆの味や具材、盛り付け方など、創業当時の『元祖瓦そば』を守り続けています。『家庭用瓦そばセット(茶そば乾麺・麺つゆ)』はスーパーでも販売しているので、地元の家庭の味としても親しまれています。また、道の駅、JR、百貨店などでも販売しており、お土産として購入される方も多くいらっしゃいます。ネットショップでは、自社サイトのほか取引のある業者のショップで販売していますが、取引のない業者の販売もあるようで、購入する際には販売価格などにご注意いただきたいと思っています」


◆売れ行き・声

(続きは、「日本ネット経済新聞」3月31日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】瓦そばたかせ
【開設時期】2000年
【EC運営人数】専任はなし(実店舗と兼務)
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】カラーミーショップ
【配送委託先】ヤマト運輸

家庭用瓦そばセット2人前、4人前

家庭用瓦そば(調理例イメージ)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ