【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第94回 〈会津特産品専門ECサイト「いいもの会津」〉/口コミ紹介で「独自のいいもの」をラインアップ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

醤油型万能調味料「イゲタ 彩」

伝統工芸品、民芸品、焼き物、漆器など、歴史ある逸品が現在も多く残る福島県会津地方。「生まれ育った会津のいいものを多くの人に届けたい」という思いを持って設立した「いいもの会津」では、掲載店からの口コミ紹介で〝いいもの〟が集まり、それがネットショップの成長につながっている。WEB担当の牧野貴志氏に聞いた。

◆コンセプト

 「いいもの会津」の商品は、伝統工芸品から食品までさまざま。しかし、口コミ紹介で掲載店(商品)を探すというやり方で、〝独自のいいもの〟をラインアップしている。
 「会社設立から一年、無名だった当社の認知度を高めるツールとしてネットショップを立ち上げました。『会津人が作っていること』『会津で販売していること』を前提に掲載店を探していますが、皆さま地元の方とのつながりが幅広く、知識も豊富で、掲載店の方から次の店を紹介していただく方法により、非常にスムーズに交渉ができました。『賢者を知るは、賢者なり』で、輪がつながっています。〝いいもの〟の定義は難しいのですが、お店や商品の背景、ストーリー、そして口コミ紹介が選定ポイントです。掲載店の方々とのつながりで大切にしているのは世間話。店や商品ができた経緯などを聞いていると、会津の奥深さを改めて感じます」


◆客層・売れ行き

 東日本大震災後、この店のサイトを見た全国の人から問い合わせがあり、つながりが生まれたという。
 「大学教授の方が震災後、東北に来られた際、『いいもの会津』を見て当社に立ち寄っていただきました。その後、大学の学園祭の模擬店で『喜多方らーめん』を使って調理販売し、会津をアピールしていただきました。生徒さんから寄せ書きもいただき、深い感銘を受けました」
 また、震災後に個人、法人ともにさまざまな引き合いがあり、売り上げは上向きに。その後も徐々にファンを増やしている。
 「結婚式や会社のノベルティなどで、オリジナルの物を贈りたいというご注文が多いことに驚いています。名入れなどのオーダーに関しては、お客さまと掲載店、それぞれと綿密に打ち合わせをして仕上げています。また、会津に来られてお土産を購入した方が、当店で再購入されることも多いです」


◆サイト作り・今後

 会津で唯一手作りで制作している「起き上がり小法師」、昔ながらの「張子」製法で作られている「赤べこ」など、こだわりの品を販売するにあたり、それぞれの店と商品紹介の文章には特に力を入れているという。
 「他のネットショップでは簡潔な紹介が多い中、当社では取材した内容に加え、さらに良さを引き出せる紹介文になるよう尽力しています。今後は、会津だけでなく広げていきたいという思いはありますが、今はまず、故郷会津の良さを少しでも多くの方に伝えたいと思っています」


〈運営会社概要〉
【運営】株式会社 リフコム会津
【開設時期】2010年5月
【スタッフ数】2人
【ショップ形態】自社サイト
【導入システム】ダヴィンチ・カート
【配送委託先】ヤマト運輸
 ※オリジナル工芸品企画などについては応相談

「赤べこマグカップ」

牧野貴志氏

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ