【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第396回 〈富山の水産加工品専門ECサイト「キトキトキッチン」〉/”魚介の宝庫”富山湾の素材生かした商品を提供(2022年10月13日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

麻生竜平氏(左)、専務の阿原研也氏

 富山県射水市の鈴香食品は、富山湾で水揚げされる魚介を使った加工品を製造販売する会社。自社ブランド「キトキトキッチン」では、白エビの薫製など、こだわり製法で仕上げた商品を販売。従来使っていなかった部分を有効活用し、環境に優しい商品開発にも取り組んでいる。コロナ禍以降ECサイトに注力し、客層の広がりと新規客増加につながっているという。商品部の麻生竜平氏に聞いた。

◆特徴・人気商品

 「天然のいけす」と呼ばれるほど、魚介の宝庫である富山湾。この地ならではの素材を生かした身体に優しい商品が特徴だ。
 「コンセプトは、『キトキトな(=新鮮で活きが良い)北陸の厳選素材と良質な湧き水を使用し、手間暇かけて仕上げた自信作を富山の”キッチン”からお届けします』。ECサイトでは、富山湾を代表するホタルイカ・白エビ・天然ブリを使った商品が人気です。また、甘エビや紅ズワイガニのビスクスープ、さまざまな料理に使えるバーニャカウダも特徴的な商品です。化学調味料などを使わず、丁寧に調理することで、素材本来のうまみを引き出しています」
 商品開発・製造では、貴重な天然素材を無駄なく活用し、環境負荷の少ない生産活動に取り組んでいる。
 「甘エビの頭、紅ズワイガニの足など、従来使っていなかった部位を活用した商品開発に取り組んでいます。また、自然環境の変化で漁獲量や時期が不安定な中、代表的な魚介以外の魚種も幅広く活用したいと考えています。イワシでだしを取り、生ノリでじっくり炊いたノリの佃煮『のりのに』は、小売店で人気です。このような付加価値のある商品を開発していきたいと思います」


◆売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月13日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】鈴香食品
【開設時期】2018年1月
【EC運営人数】1人
【ショップ形態】自社ショップ、Creema
【導入システム】カラーミーショップ
【配送委託先】ヤマト運輸、日本郵便


キトキトキッチンビスクスープセット

のりのに

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ