【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第164回 〈三線専門ECサイト「ASOVIVA」〉/自由オーダー三線など独自商品展開

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

山崎陽太氏

 沖縄本島読谷村に三線の製作・販売・教室を行うギャラリーを構える「ASOVIVA―アソビバ―」。この店の魅力は、ネット上で形やデザイン、仕様を目で見て組み合わせられる自由オーダー三線などの独自の商品やサービスだ。また、オムニチャネルの取り組みにより、顧客を増やしている戦略も興味深い。代表の山崎陽太氏に聞いた。

◆こだわり・特徴

 地元沖縄では、伝統的な三線を製作・販売する店が多い中、ASOVIVAではデザインや楽器の使いやすさなどを追求したオリジナル三線を製作。多彩なラインアップが特徴だ。
 「業界初のシステム『Free Choice―フリーチョイス―』は、画面上で楽しみながら自分好みの三線をオーダーできます。お客さまに全ての選択肢を視覚的に把握してもらい、届いた際のイメージを持ってから注文してもらいたいという一念で、システムを導入しました。イメージ通りの三線が届くことから満足度が上がるとともに、製作側においても発注ミス、作業ロスが大幅に改善されました。また、ギターなどの良い部分を取り入れた『Peg仕様』では、調弦が従来の三線と比べて安定するのが特徴。楽器として合理的、かつ画期的な形を、他楽器からヒントを得て製作している点が評価を得ています。独自の便利な商品、サービス展開に賛同してくれるお客さまのご意見はとても励みになっています」

(続きは「日本ネット経済新聞」2月23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ