【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第294回 〈燻製・フグ珍味専門ECサイト「松浦商店」〉/手を抜かない商品作りとチャレンジ精神が高い評価を

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

岡村英子社長

 山口県長門市の「松浦商店」は、1953年よりフグの加工品の製造・販売を始め、フグ珍味を山口の土産品として全国に広めた老舗だ。こだわりの商品は、農林水産大臣賞、水産庁長官賞など長年に渡ってさまざまな賞を受賞し、土産・贈り物として幅広い層に支持されている。商品の魅力、全国への広がりなどについて、岡村英子社長に聞いた。

◆こだわり・特徴

 戦後間もない時代、フグはまだ注目されておらず、地元の仙崎港では二束三文の魚だったという。松浦商店の創業者、松浦龍瑞氏は、フグ加工品の開発に果敢に挑戦し、商品化に成功した。

(続きは、「日本ネット経済新聞」4月23日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】有限会社松浦商店
【開設時期】2015年9月
【スタッフ数】2人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】カラーミーショップ
【配送委託先】ヤマト運輸
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

「オイル・ルージュ(金太郎のオイル漬け)」

「ふぐ茶漬け」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ