【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第429回 <水産加工品専門ECサイト「松本魚問屋」> 高い凍結技術により濃厚な肝が楽しめる人気のしゃぶしゃぶ(2023年7月27日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

山下貴民氏

 「天然のいけす」と呼ばれる富山湾で県内随一の水揚げを誇る氷見漁港。「松本魚問屋」は、全国各地の中央卸売市場へ鮮魚を卸している氷見の老舗魚問屋だ。4年前に加工部門を立ち上げ、フランスの星付きレストランで修行した料理人、山下貴民氏が専属シェフとして商品開発を行っている。商品の魅力、施策と反響などについて山下氏に聞いた。

◆特徴

 氷見漁港近くに加工場を持つ松本魚問屋。プロの目利きで仕入れた魚の鮮度を保ち、多彩な加工品を製造している。
 「富山県の漁獲は80%以上を定置網漁が占めています。氷見漁港は定置網からの距離が近く、水揚げ後の処理も適切で速いため、状態の良い鮮魚が多いのが特徴です。当社ではこの鮮魚を目利きが選定し、職人が処理を施したうえで、新しい凍結技術を取り入れて加工品を製造しています」
 山下氏はこの素材を生かし、他にはない魅力を持った商品開発に力を注いでいる。
 「フランスで8年料理を勉強し、帰国後は日本でレストラン開業をと考えていた時、友人から松本幸一郎専務を紹介され、加工部門の立ち上げと商品開発に携わることになりました。加工に関して当社は後発のため、他社に多い干物や切身などと被らない商品を中心に作り出す必要がありました。春夏の人気商品は『ほたるいかのしゃぶしゃぶ』。ホタルイカは寄生虫対策のために肝を抜いて刺身にするところもありますが、当社では高い凍結技術により濃厚な肝を楽しめます。秋冬は『ひみ寒ぶりのしゃぶしゃぶ』が人気で、生の刺身用は『ひみ寒ぶり宣言』中のみの販売です。その他、ブリの生ハム、ジャーキーなどもあります」


◆売れ行き

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月27日号で)

運営会社概要>
【運営】松本魚問屋
【開設時期】2020年4月
【EC運営人数】3人
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】WooCommerce
【配送委託先】ヤマト運輸
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

「富山湾産ほたるいか しゃぶしゃぶセット(ぽん酢+昆布付き)」=商品パッケージ

「富山湾産ほたるいか しゃぶしゃぶセット(ぽん酢+昆布付き)」=盛り付け例

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ