【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第332回 〈津和野の農産物・特産品専門ECサイト「まるごと津和野ストア」〉/コロナ禍での生産者支援きっかけに認知度アップ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

上田裕貴氏

 島根県の最西端に位置する津和野町は、水質日本一に何度も輝いた高津川が流れる自然豊かな町。この地の農産物・特産品の販路拡大を目指し、町とFoundingBase(ファウンディング・ベース)が連携して「地域商社まるごと津和野」を設立した。ECサイト「まるごと津和野ストア」では、コロナ禍での生産者支援をきっかけに出品者が増え、認知度や売り上げアップにつながっているという。運営スタッフの上田裕貴氏に聞いた。

◆特徴

 「まるごと津和野ストア」では現在約30の生産者・製造業者が出品しており、津和野町ならではの農産物を中心にリピーターを増やしている。
 「リピーターが多いのは、山菜やワサビのしょうゆ漬け、天然アユ、お茶など、日本一の清流高津川が流れる山間地の強みを生かした商品です。また、期間限定販売のジェラートや、定期的なイベント企画として、『母の日』にお花、夏はメロンやブルーベリーなどの販売も予定しています」
 旬の取れたて野菜を詰め合わせて毎月お届けする「まるごと津和野定期便」では、商品とともに生産者の思いも詰め込んでいるという。
 「どんな農家さんが育てたのか、どんな特徴があるかなどを取材し、お便りにして商品に同梱しています。季節ごとの旬の野菜を産地直送でお届けするので、味や香りの良さが特徴です。野菜以外にも、地元ならではの調味料、昔ながらの漬物なども不定期で同梱しており、喜んでいただいています。生産者からは、販売先が増え、いろいろな方の手に届くことがありがたいという声をいただいています」


◆最近の動向

(続きは、「日本ネット経済新聞」3月25日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】FoundingBase
【開設時期】2019年4月
【EC運営人数】3人
【ショップ形態】自社ショップ
【配送委託先】ヤマト運輸
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

「山菜セット(こごみ、タラの芽、うるい)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ