【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第127回 〈秋田のいいモノ専門ECサイト「口上人」〉/秋田の食文化とともに観光情報も発信

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「口上人」のタレント・久杉香菜氏

「きりたんぽ」をはじめ、秋田の食文化を伝える〝いいモノ〟を中心に販売するサイト「口上人」。この店の特徴は、地元の人気タレントや女優を口上人(商品を売る人)として起用し、地元感あふれる動画で商品と秋田の魅力を紹介していること。口上人の一人である久杉香菜氏と、運営者の天野洋介氏に話を聞いた。

◆きっかけ・こだわり

 ネットショップ設立のきっかけは、東日本大震災。仙台の広告代理店の親友とともに「東北で何ができるだろう」と話し、「被災した東北の言葉で『いいモノ』を紹介しよう」というアイデアが浮かんだと話す天野さん。
 「当初、東北全部のご当地商品を紹介したいと考えたのですが、当社の規模では難しく、『秋田のいいモノ応援』としました。ネットショップの正式名称『秋田のいいモノ、お国言葉でご紹介!口上人』、シンボルロゴ、オリジナルキャラクターなどは、その親友に制作してもらい、当社にはウェブ制作、CM、テレビ番組制作の技術があったので、映像を使った商品紹介を考えました。販売しているのは、良い商品を持っていてもなかなか販路開拓ができない、ネットショップにトライしたいけれどもできない、といった店舗の商品が中心。商品紹介だけでなく、秋田観光なども含めて情報発信しています」


◆販売戦略

 動画に登場するのは、秋田の有名人・バリトン伊藤さん、舞台女優の根田朋子さん、そして秋田の女性を応援する活動に尽力するタレント、久杉香菜さん。
 「現在私は、秋田県酒蔵協同組合の『秋田の日本酒で乾杯』キャンペーンモデルをしており、さまざまな形で秋田の日本酒を応援しています。5月に『口上人』でも販売開始予定で、もちろん動画で紹介していきます。全国的に日本酒の出荷量は下がっているものの、純米酒は人気があり、その中心となっているのが秋田の純米酒。これを応援していこうというのが『口上人』の新たなプロジェクトです。また、私自身のフェイスブックを支持してくださる方が多く、『口上人』のフェイスブックページにも投稿することで、商品の販売に貢献していければと思っています」

(続きは日本ネット経済新聞 3月17日号で)

きりたんぽ鍋セット

きりたんぽ発祥の地「秋田県鹿角市」流の食べ方で味わえる

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ