【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第224回 〈かまぼこ専門ECサイト「貴千」〉/「さんまのぽーぽー焼風蒲鉾」 全国でファン増加中

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

小松理沙氏

 板かまぼこ生産量日本一の街として知られてきた福島県いわき市で、1963年の創業以来、こだわりのかまぼこを製造販売している「貴千」。東日本大震災で地元の魚が風評被害に遭う中、「さんまのぽーぽー焼風蒲鉾」を開発・販売し、人気商品へと成長。ネットを通して全国にファンを増やしている。ネットショップ担当の小松理沙氏に聞いた。

◆こだわり・思い
 「貴千」では、かまぼこの原料となる魚の味と力を最大限に引き出すため、魚の身を練り込んでいく「する」という工程にこだわりを持っている。
 「当社のこだわりは『ふるさとスル』(=故郷をする)こと。地元の文化をかまぼこに練り込んでいきたいという強い思いがあります。例えば『さんまのぽーぽー焼風蒲鉾』は地元の漁師料理をかまぼこでアレンジした商品ですが、サンマの身を50%使い、家庭のぽーぽー焼きの味付け通りに仕上げています。

(続きは、「日本ネット経済新聞」09月13日号で)

「おみやげグランプリ2018」で審査員賞を受賞した「さんまのぽーぽー焼風蒲鉾」

揚げ油まで徹底的にこだわった「極上揚げかまぼこ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ