【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第91回 〈山形の野菜・果物専門ECサイト「黒田吉五郎商店」〉/生産者との信頼関係から選ぶ高品質が特徴

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「さくらんぼ」

 創業大正7年、歴史ある天童温泉の旅館や観光ホテルへの卸業務中心に行ってきた青果店「黒田吉五郎商店」。新たな事業展開として始めたネットショップでは、贈答用を中心に厳選した山形の旬の野菜・果物を販売している。地元のホームページ制作・運営会社と出会ってから、売り上げが伸びているという。黒田達郎社長に聞いた。

◆きっかけ・サイト作り

 ネットショップ設立前は、商品パンフレットを年2回DMで送るカタログ通販を行っていたという。そのパンフレット内容をそのままウェブ上に上げたのが、第一歩だった。
 「その後、モール店と自社ショップをセット販売する業者に依頼しましたが、ランニングコストが掛かり過ぎたため、見直しを検討。コンサルタントの方と何人もお会いした中で、山形のハンズバリューさんにお願いすることにしました」
 この選択が功を奏し、売り上げは上向きに。
 「自社サイトを全面リニューアルしてから新規のお客さまが年々増え、売り上げは設立当初から約10倍になっています。山形のおいしい野菜や果物をいかに伝えるかという点では、おいしそうな写真が必要不可欠だと思います。また、すっきりと分かりやすいサイトであることも大切。現在もお知恵をお借りしながら、試行錯誤を続け、よりよいサイト作りを考えています」


◆こだわり

 生産者や市場関係者との長年の信頼関係、そして、野菜ソムリエである黒田さんの目利きで選ぶ高品質な商品が、この店の特徴となっている。
 「ネット販売の商品の多くは贈答用なので、品質や味など、贈られた方に驚きや喜びを与えられる商品を取りそろえることがこだわりです。実際に生産者の方の生産現場におじゃまし、栽培方法だけでなく、どんな思いやこだわりを持って育てられているかなど、自分の足と目で確かめています。野菜ソムリエの資格は商品選びに役立っていますが、同じ野菜ソムリエ仲間との出会いが大きいですね。自分があまり得意でない分野でも、仲間のネットワークを生かし、補い合うことができるからです。この人脈が強みであり、生かすべきものだと考えています」


◆人気商品・今後

 ずらりと並ぶ高級フルーツをはじめ、「旬の野菜セット」や、自社製造の「乾燥野菜・果物」など、多彩な商品ラインアップも魅力だ。
 「一番人気は山形が誇るさくらんぼ。品質、色、味など、最高峰のものを取り扱っています。ラ・フランスも人気が高いですね。また以前、ある旅館の料理長に『野菜や果物の加工もするといい』とアドバイスを受け、卸では簡単な加工も請け負うようになりました。この加工技術が、『乾燥野菜・果物』の開発に役立ちました。卸業務、ネット販売ともに、今後も『いかに生産者の方とお客さまの橋渡しができるか』ということを考えながらやっていきたいと思います」


〈運営会社概要〉
【運営】株式会社 黒田吉五郎商店
【開設時期】2008年10月
【スタッフ数】1名
【ショップ形態】自社ショップ(運営はハンズバリュー)
【導入システム】なし
【配送委託先】ヤマト運輸

「ラ・フランス」

黒田達郎氏(右)と生産者

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ