【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第408回 <笹かまぼこ製品専門ECサイト「武田の笹かまぼこ」>/冷凍、コラボ品など独自展開でファン増加(2023年2月2日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

武田武士社長

 宮城県塩竈市で四代に渡り、仙台名物「笹かまぼこ」を製造販売している「武田の笹かまぼこ」。伝統製法を受け継ぐ笹かまぼこはもちろん、20年に発売した缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」がヒット商品に。さらに、フードロス削減を考えた冷凍商品、コラボ商品など、独自のラインアップでファンを増やしている。武田武士社長に聞いた。

◆特徴・人気商品

 店それぞれに伝統の製法があり、味わいに特徴がある笹かまぼこ。食べ比べてお気に入りの店を見つけるという人も多いようだ。
 「当社では、創業以来続く石臼製法にこだわり、最高級ランクのすり身を使用し、塩竃の銘酒『浦霞』を練り込むことで一味違う風味豊かな味わいをお楽しみいただけます。また、おいしいと感じる厚みを研究しており、程よい歯ごたえも特徴です。味・食感含め気に入っていただき、ファンになってくださる方も多いです」
 一番人気は「canささ 笹かまアヒージョ」。長期保存でき、アレンジしやすいことなどが人気の理由だ。
 「長期保存だけでなく、クオリティーにもこだわったので、お酒のおともとしてワイン好きな富裕層に好まれています。キャンプ飯にも重宝されており、アレンジレシピがSNSに投稿されるなど、料理好きな方にも人気です。また、『ささかまディップ!』は『蔵王クリームチーズ』に笹かまのすり身を練り込んだディップで、クラッカーやバゲット、野菜スティックなどと合わせて楽しめます。笹かまぼこがより身近になるのではと思い、開発しました」


◆取り組み

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月2日号で)

<運営会社概要>
 【運営】武田の笹かまぼこ
 【開設時期】2005年4月
 【EC運営人数】3人
 【ショップ形態】自社ショップ、楽天市場、アマゾン
 【導入システム】EC―CUBE
 【配送委託先】ヤマト運輸
 ※ネットショップ向けの卸については応相談

canささ 笹かまアヒージョ

ぬる笹かまぼこ ささかまディップ!

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ