【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□278 ジャパンEコマースコンサルタント協会 小林厚士理事〈「ふくや」〉/ECでも老舗、システムの進化は止めない

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ふくやのECサイト

 ふくやは、「味の明太子」の製造・販売 各種食料品の卸・小売を行っている。ECは97年から展開しており、業界の中でも老舗中の老舗店です。
 ふくやの創業者・川原俊夫氏が戦後、韓国の明卵漬(ミョンランジョ)というタラコのキムチ漬けを、日本人の口に合うように工夫して味付けして開発したのが「味の明太子」でした。
 めんたいこが評判になるにつれ、めんたいこを卸してほしいという要望が殺到し始めたが、品質を管理できないこと、価格が上がることを理由に卸はしませんでした。その代わりに作り方を教えたため、結果としてめんたいこを製造する店が増えたという経緯があります。


■新幹線が普及の契機

 当時はコールドチェーンも整っていないので、生もの扱いのめんたいこを全国へ配送するため、70年ごろから航空便での配送を開始。この航空便配送は現在でも続けているそうです。

(続きは、「日本ネット経済新聞」12月3日号で)

〈筆者プロフィール〉
こばやし・あつし
 99年に楽天市場出店。最大7つのECサイトを運営。楽天店舗では02年、楽天ショップオブザイヤースーパーオークション賞受賞。長野県・新潟県・富山県・山梨県登録専門家(IT部門)。経済産業省中小企業支援ネットワーク強化事業 認定専門家。物販で培ったマーケティングノウハウを生かす、経営視点かつ現場最優先の実践的なコンサルティングを得意とする。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ