【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□286 ジャパンEコマースコンサルタント協会 松橋正一特別講師〈「大湯ファーム」〉/「りんごのつぼみ」で顧客との絆を持続

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「大湯ファーム」のトップページでも「りんごのつぼみ」を紹介

 青森県は国内のリンゴ生産量の約6割を生産しており、日本一です。近年、農家の高齢化や労働力不足によるリンゴ栽培面積が減少していますが、ECサイト上のリンゴ販売競争は今もなお激しく、売り上げをキープするのは容易ではありません。
 そんな中、ヤフーやグーグルなど大手検索エンジンで「青森 リンゴ 販売」と検索すると、80万件以上のサイトがヒットする中、検索上位に「大湯ファーム」が表示されます。
 「大湯ファーム」は、城下町として栄えた「お城と桜とりんごのまち」弘前市で、合同会社「未来のひかり」が運営しているリンゴ農園です。弘前でも有数のリンゴ産地である石川地区に「大湯ファーム」の園地があります。
 今回、「勝手にECサイト分析」でスポットを当てたいのが、コロナ禍の厳しい状況の中、見事にまでに成功させている「お客さまとの絆の持続」の仕掛けです。近年は画面サイズの異なるPCやスマホ、いずれで確認しても、多くの競合他社ECサイトに大差はありません。


■SNS活用も積極的

(続きは、「日本ネット経済新聞」3月4日号で)


〈筆者プロフィール〉
まつはし・しょういち
 ECで得意としている分野は、モール出店サポート、アマゾン出品支援など。楽天、ヤフー、アマゾン、自社サイトなど、ECサイトの運営経験を基に、数々のショップを構築、サポートしてきた実績を持つ。大規模ECサイトの効率的な構築、データ処理システム構築なども得意としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ