【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□53 ジャパンEコマースコンサルタント協会 松橋正一特別講師〈最高級銘柄「常陸牛」販売指定店「肉のイイジマ」〉/商品へのこだわりがにじみ出るサイト

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

松橋正一特別講師

1963年、茨城県水戸市に精肉店として開店した、創業52年の老舗「肉のイイジマ」。茨城県の指定された生産者が飼育した黒毛和牛種のうち、日本食肉格付協会枝肉取引規格を高いランクでクリアする優秀な黒毛和牛の銘柄「常陸牛(ひたちぎゅう)」は、茨城県を代表する黒毛和牛ブランドだ。
 「肉のイイジマ」は常陸牛の販売指定店で、その主力で取り扱う常陸牛は、一流の肉の目利き職人が選び抜いた最高の肉を扱っているとして、地元住民からの評価も高く、親しまれている。
 常陸牛の販売のほか、常陸牛のステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ハンバーグを中心に膳料理、コース料理など幅広いメニューを提供する本格的レストランも営業している。レストランの評判も高く、テレビ取材をはじめ、メディアの取材出演依頼も多くあるようだ。
 レストランメニューの常陸牛からソース、デザートに至るまで、全ての食材を、経験豊かなシェフが社内で製造しており、それらの人気の高い商品を本店「肉のイイジマ」にて販売している。
 常陸牛の詰め合わせ商品などギフト需要やネット販売の要望も多くなり、本店(自社サイト)、楽天市場店でECサイトを運営するようになった。
 斬新なデザインのサイトとはいえないかもしれないが、「茨城県産のおいしいお肉を、自信を持って販売する」「本当のおいしさを伝えたい」という思いにこだわり、本物の品質と味を一筋に守り続けている姿はコンテンツの要所で伝わってくる。
 サイトで特に素晴らしいと感じるのが各商品ページだ。最高の肉などの商材を目利きする職人の技、人気のレストランシェフのなせる技だろうか。商品ページのコンテンツの画像や商品画像が素晴らしく、リアルの質感がよく伝わってくる。
 最近ではスマートフォン対応のページも整備しており、これからのネット取引の拡大が期待できそうだ。
 商品に自信を持ち販売しているネットショップのサイトは、その商品へのこだわりがにじみ出ているように思え、とても好感が持てる。


〈筆者プロフィール〉
まつはし・しょういち
 ECで得意としている分野は、モールEC構築、アマゾン出品支援など。楽天、ヤフー、アマゾン、自社サイトなど、ECサイトの運営経験を基に、数々のショップを構築、サポートしてきた実績を持つ。大規模ECサイトの効率的な構築、データ処理システム構築なども得意としている。

「肉のイイジマ」のトップページ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ