【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□318 ジャパンEコマースコンサルタント協会 松橋正一特別講師〈「肉汁水餃子 餃包」〉/エンタメと従業員確保を両立した仕掛け(2021年12月2日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

食欲をそそるトップページ

 「肉汁水餃子 餃包」は、日本と台湾が融合した水餃子の専門店で、スタッフは台湾をはじめアジアからの学生さんが多く、店長らスタッフのアイデアを採用した仕掛けもあるようです。
 販売ノウハウのなかった水餃子専門店のスタート当初、オーナー自身がグーグルサイトでプロトタイプとなるランディングページを作成し、リスティング広告を独学で始めて仮説検証を重ねてきたそうです。
 間もなくするとサイトから問い合わせが来はじめ、餃包の無料サンプルを送ると、コンバージョン率約30%という驚きの結果に衝撃を受けたとのことです。そして売り上げを伸ばすのは商品力だけでなく、「繁盛店の運営経験」から産まれた仕掛けで繰り広げるエンターテインメント性が重要な役割を果たしているようです。
 サイトのトップページでは、水餃子の肉汁たっぷり、まるで小龍包のようなおいしい水餃子を見事に再現した画像が飛び込んできます。価格・内容に大いなる魅力があり、予約席数が少ないこともあって予約が殺到しています。


■コロナ禍に新プラン

(続きは、「日本ネット経済新聞」12月2日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ