【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□74 ジャパンEコマースコンサルタント協会 小林厚士理事〈Huggyhuggy「Huggyhuggy」〉/自宅にいながら試着もコーディネートも

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「Huggyhuggy」のトップページ

「抱っこひも」の市場の9割以上を東南アジアからの輸入品が占めていると言われている中、群馬県桐生市の「Huggyhuggy(ハギーハギー)」は、国内生産の安心・安全な「抱っこひも」の企画、製造、販売を行っている。
 生後1~2カ月ほどの乳幼児から2歳頃まで使用する育児道具としては欠かせない「抱っこひも」は海外ブランドが主流になりつつある。しかし、「Huggyhuggy」では、大手ができないことや、消費者側に立って「痒いところに手が届く」ことに着目した、抱っこひものオンリーワンを実現するブランドとして日々多くのファンを生み出している。
 自社製品の特徴は、赤ちゃんの快適性や、着用するママ・パパの体にかかる負担の軽減が大学との共同研究で科学的に立証されていること。「心地よく、赤ちゃんがすぐに眠ってくれる」と大変好評のようである。
 また、産前産後は外出が難しくネット通販利用率が高くなるが、抱っこひものデザインを選ぶときに「試着」ができなくて不安に感じるという。その顧客ニーズを生かし、無料で貸し出しの「お試しレンタル」を行うことで、「間違いのないお買い物」をしていただくことに成功。それにより、顧客の満足度を高め、口コミ効果も生み出している。

(続きは日本ネット経済新聞 2月11日号で)

〈筆者プロフィール〉
こばやし・あつし
 99年に楽天市場出店を期に、最大七つのECサイトを運営。楽天店舗では02年、楽天ショップオブザイヤースーパーオークション賞受賞。長野県・新潟県・富山県・山梨県登録専門家(IT部門)。経済産業省中小企業支援ネットワーク強化事業 認定専門家。物販で培ったマーケティングノウハウを生かし、経営視点かつ現場最優先の実践的なコンサルティングを得意とする。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ