【勝手にECサイト分析】129 有限会社ウィーブトシ「CA4LA.COM」/世界観を出しつつも無駄を無くす

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「CA4LA.COM」のトップページ

「CA4LA(カシラ)」(運営:ウィーブトシ)は世界中から選りすぐった帽子を紹介する帽子のセレクトショップであり、メード・イン・ジャパンの帽子を作り続ける日本のハットメーカー。
 ブランドサイトのトップページはFlashを多用し、ブランドのコンセプトやプロダクトなど、「CA4LA」の世界観が表現されている。動画ではメード・イン・ジャパンの「CA4LA」のモノ作りが伝わる。
 ブログやSNSも日々更新されており、帽子を探している人にはとても参考になる。
 一方、オンラインストアはというと、ブランドサイトとは違い、とてもシンプルな作りになっている。ヘッダーにはカテゴリーを置き、スライドにはトピックス、新着アイテム、おすすめ商品が並ぶ。ブランドサイトでは帽子へのこだわりが伝わってきたが、オンラインショップでは感じ取れない。
 「CA4LA」の帽子はこだわりがあり、繊細で装飾がついているものが多いが、商品を詳しく見ようとしても、商品の詳細画像が大きく拡大して見られない。1万円以上する帽子を買うときには、詳細が見られた方がいい。
(続きは、「日本ネット経済新聞」6月1日号で)



《著者プロフィール》
まつもと・じゅんじ
 競合が激しいレディースアパレルECにおいてわずか4年で年商30億円のECサイトを作った経験を持つ。現在は1000社を超えるコンサルティング実績を持ち、さまざまな業種に対応している。コンサルティングのほか、サイト制作、広告、モデルタレントの派遣、セミナーなど、インターネットビジネスに関する事業をトータルで手掛けている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ