【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□314 ジャパンEコマースコンサルタント協会 松本順士理事〈「Warby Parker」〉/シンプルで魅力的なサービスとデザイン(2021年10月21日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「Warby Parker」のトップページ

 Warby Parker(ワービーパーカー)は、ニューヨーク発のアイウエアブランドで「ユニコーン企業」と呼ばれる、10億ドル以上の企業価値を持つ未上場のスタートアップ企業だ。試着してみたいアイウエアを5点まで5日間無料で貸し出しをする「Home Try―On(ホーム・トライオン)」というサービスを展開している。
 トップページはシンプルで「Home Try―on」「性別」「診断パーソナライズ」への誘導のみ。診断パーソナライズでは性別、顔の横幅、フレームの形など七つの質問に答えると、お薦めの眼鏡を提案してくれる。
 診断内容はアイウエアを選ぶ際に、必要な内容がイラストとテキストでデザインされているため選択しやすい。自分が回答した結果に基づいているだけあって納得感がある。


■気軽に試せる魅力

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月21日号で)

〈筆者プロフィール〉
まつもと・じゅんじ
 JECCICA 理事
 エスアンドティーパートナーズ 代表取締役

 競合激しいレディースアパレルECにおいて、たった4年で年商30億円を売るECサイトを作った経験がある。現在までに1000社を超えるコンサルティング実績があるため、さまざまな業種に対応できる。コンサルティングだけではなく、サイト制作、広告、モデルタレントの派遣、セミナーなど、インターネットビジネスに関することをトータルでサポートしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ