【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□388 ジャパンEコマースコンサルタント協会 清水将平特別講師 <「Temu」> 洗練されたUI、リピート策も秀逸(2023年9月7日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「Temu」のトップページ

 今回は、米国ボストンで創業され、中国EC大手のPinduoduo(拼多多)の関連会社が運営する話題の越境ECサイト「Temu(ティームー)」を分析しました。
 「Temu」はユーザー数で「SHIEN(シーイン)」を超えたといわれる話題のECサイトです。「Temu」は「TEAM UP’ PRICE DOWN」の頭文字を取っており、「買う人が多いほど安くなる」という意味があります。
 アプリは携帯電話番号で登録すれば、パスワードの設定なく利用可能です。グーグルやLINE、フェイスブック、アップルなどのソーシャルサインインに対応しています。ブラウザでも利用でき、メールアドレス不要、スマホファーストの仕様です。
 クレジットカードを登録すれば、

(続きは、「日本ネット経済新聞」9月7日号で)

<筆者プロフィール>
しみず・しょうへい
 日本ECサービス 代表取締役。03年から07年に楽天にてECコンサルタントなどを経験し、日本全国2400社以上の楽天ショップが加盟する日本最大級の会員サポートサービス「ECマスターズクラブ」を運営。日本全国のネットショップにセミナーを開催し、累計1万4000人以上にノウハウを教えている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ