【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□51 ジャパンEコマースコンサルタント協会 小林厚士理事〈博水社「美尻ハイサワー商店」〉/妥協がなく独創性のある、ワクワク系の商品提案

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「美尻タンブラー」など直販サイト限定商品に注力している

愛され続けて87年。東京・目黒生まれのハイサワーの総販売元である「お酒を割るならハイサワー」の博水社オンラインショップ「美尻(びしり)ハイサワー商店」の直販サイトでは、定番商品の「ハイサワー各種」のほか、直販サイトならではの楽しい商品企画が構成されている。
 看板商品であるハイサワーはお酒ではなく、お酒を割るための「割り材」というカテゴリだ。
 当然コストよりも品質を重視し、老舗らしい、ほかの類似商品とは比べ物にならないクオリティーである。
 総発売元であるがゆえ、商品の卸先である他店も同様の商品が並び、ネット通販で購入が可能な状態だ。しかし、このサイトでしか購入ができない多くの面白い商品を打ち出すことにより、限定感を演出しながらも購入者の満足度向上とリピートにつなげている点が大きく評価したいところだ。
 例えば、テレビ番組「タモリ倶楽部」でハイサワーを絶賛されたことがきっかけとなって誕生した、美尻がプリントされたハイサワー専用タンブラーを開発。
 この「美尻タンブラー」はハイサワーを取り扱っている居酒屋さんでしか使用できない業販のみの物だったが、現在はこの直販サイトのみ購入が可能となっている。 
 「美尻タンブラー」のプリントにもたくさんの種類が存在し、コレクターにも嬉しい内容となっている。
 また、毎年恒例となっている「美尻カレンダー」も、この直販サイトでしか購入ができず、実売数においても毎年かなりの伸び率を出しているようだ。
 他の面白グッズとしては、居酒屋気分なロゴTシャツや、風呂オケ、美尻ストラップなどなど、飲料メーカーとしてはかなりの変化球具合を見せており、そこに潜在顧客が集まってくることによる認知度アップや商品購入のキッカケ作りが行われている。
 ハイサワー各種といった、主力商品を前面に押し出すことなく、その脇役であるグッズの開発や直販に力を入れている点に好感が持てる。
 総発売元が運営をするECサイトは、どちらかというと無機質的な印象を受けるが、このサイトは多くの楽しさが潜んでいる。
 普段からメディアに多く取り上げられる社風と、職人気質漂う、妥協が無く独創性のある商品構成、そしてワクワク系の商品提案により、連日多くのファンを生み出していることだろう。


〈筆者プロフィール〉
こばやし・あつし
 99年に楽天市場出店を期に、最大7つのECサイトを運営。楽天店舗では02年楽天ショップオブザイヤースーパーオークション賞受賞。長野県・新潟県・富山県・山梨県登録専門家(IT部門)。経済産業省中小企業支援ネットワーク強化事業 認定専門家。物販で培ったマーケティングノウハウを生かし、経営視点かつ現場最優先の実践的なコンサルティングを得意とする。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ