【勝手にECサイト分析】149 革製品ブランド「yuhaku」/商品の〝こだわり〟をデザインで表現

「yuhaku」のトップページ

 「yuhaku(ユハク)」は、独自の染色スタイルで1点1点染め上げた革製品を中心に、日本のアート集団が創造するレディーメード(既製品)ブランド。
 サイトはブランドサイトとECサイトの二つがあり、ブランドサイトでは「yuhaku」のこだわりを伝えたり、ギャラリーで製品を紹介しており、商品が良いものだと感じさせるデザインとなっている。
 ECサイト全体のトーン&マナー(表現の一貫性を保つための表示方法などのルール)を統一している。特にフォントの使い方がうまく、バナーや商品画像に重みを与えている。
 商品ページには、高品質なイメージを伝えるため、たくさんの商品画像と職人の思いを掲載している。
 「最高の素材を探し求めて出会った、エチオピアシープを使用した手染めのスニーカー」というように、商品1点ごとにキャッチコピーを入れており、閲覧者の購入意欲をかき立てる。


(続きは、「日本ネット経済新聞」11月23日・30日合併号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ