【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□299 ジャパンEコマースコンサルタント協会 宮松利博特別講師・参事〈「monacca」〉/山村で生まれた木製カバン、コロナ禍で販売を工夫

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

高品質な木製鞄を販売する「monacca」

 コンビニも信号機もない人口1000人の高知県の山奥にある小さな村「馬路村」で生まれた木製かばんのブランドが「monacca(モナッカ)」です。価格はフラッグシップモデルの「Roots(ルーツ)」が10万円超えと、高級百貨店の有名ブランドに匹敵する価格です。東京・六本木や丸の内、青山などでも利用ユーザーを見かけて気になっていた馬路村ブランドのバッグです。
 私はビジネスシーンなどではレザーのかばんを使うことが多いですが、このかばんは木目に一目ぼれして使っています。軽量で意外に傷にも強く、座った程度では壊れません。
 それでも持ち歩いていると小さなスリ傷が付くこともありますが、革製品のように深みのある経年劣化として楽しめます。


■木目が選べる工夫

 ただ、家具などもそうですが、こうした天然木の製品は、

(続きは、「日本ネット経済新聞」6月17日号で)

〈筆者プロフィール〉
みやまつ・としひろ
 株式会社ISSUN代表取締役。00年からEC数社を立ち上げ、年商20億円などの急成長で、06年に株式上場。同時に保有株を売却、渡米しシリコンバレーなど海外の次世代eコマースの運営現場を研究しながら、スマホやソーシャルメディアによる新たなマーケティング手法を確立。11年にウェブ制作・マーケティング会社、ISSUNを設立。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ