【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□182 ジャパンEコマースコンサルタント協会 笹本克特別講師・参事〈「わんのはな」〉/感度の高い顧客を集める”創業の想い”

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「わんのはな」のトップページ

 年齢や体調によって必要となる栄養素や食事の好みは変わっていく。うちの愛犬も同じかもしれない。
 静岡県清水町のエコ・プラン二十一が運営するネットショップ「わんのはな」は、感度の高い愛犬家や愛猫家向けにペットフードやボーノサルテ、シャンプーやペット雑貨などを販売している。
 EC黎明期の99年にネット販売を開始。当時、戸松寛人社長が愛犬のアレルギーについて調べていると、ペットフードにはヒト向けの食品に添加することが禁止されている防腐剤が使用されていた。
 人間用の食材加工で出てくる廃棄物なども原料になっていた。これでは愛犬のアレルギーは治りようがない。こんな”想い”が創業のきっかけとなった。


■選商品を販売

 同社の自社ブランドの商品はヒューマンレベルの原料を使い、可能な限り合成添加物を使わない天然素材を中心に、ヒト向け食品と同様の食品工場や化粧品工場で生産している。他社製品も販売しているが、原料や製造工程などトレーサビリティーを重視した商品だけを取り扱っている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」9月20日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ