【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□303 ジャパンEコマースコンサルタント協会 清水将平特別講師〈「島原そうめんのセテラ」〉/売り方・見せ方工夫で激化する競争回避

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「島原そうめんのセテラ」の楽天市場店

 今回は、「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」など主要モールにて、島原のそうめんや長崎のカステラなど、地元物産を販売されている「セテラ」のECサイトを分析させていただきました。
 14年6月に楽天ショップをオープンされ、ひそかな人気だった「黒ごまそうめん」を楽天市場で育て、ランキングの常連になりました。在京キー局の番組で取り上げられるなどの反響もあり成長が加速、楽天市場のそうめんのカテゴリーではトップを伺う位置まで成長しています。
 お中元などの贈答品でも人気の「そうめん」。セテラでは、「楽天市場」の送料無料ラインの39ショップに対応する前から、送料込みでの販売し、「3個買ったら1個無料!」というユニークな戦略で、自己消費での購入を促進。昨今、低単価で送料無料が当たり前の中、小分け袋を同梱することで、昔ながらのお裾分け文化にも貢献しています。


■自動販売機で販売も

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月15日号で)

〈筆者プロフィール〉
しみず・しょうへい
日本ECサービス 代表取締役
 03~07年に楽天にてECコンサルタントなどを経験し、日本全国2000社以上の楽天ショップが加盟する日本最大級の会員サポートサービス「ECマスターズクラブ」を運営。コロナ禍により、オンラインでのセミナーに注力し、累計1万人以上にノウハウを教える。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ