【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□68 ジャパンEコマースコンサルタント協会 松橋正一特別講師〈山久「手芸の山久」〉/受注管理から発送まで整備されたサイト

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「手芸の山久」のトップページ

 寛政5年(1793年)に川越で糸屋として創業した老舗、山久(本社埼玉県)の運営するECサイト「手芸の山久」を紹介する。
 創業以来、女性の手作り材料を主な商材として、メーカー直売・卸販売・小売りをしている。現在は川越の卸団地「川越バンテアン」にある本社を拠点として、全国へのネット販売が営業の中心になっている。
 手芸用品メーカーの代理店として、手芸メーカー直結のパイプもあり、川越市内の直営店舗では、ネット上で紹介していない商品もたくさん取り扱っている。
 全国の手芸店においてある商品のほとんどを卸していると定評のある卸問屋で、その卸問屋が運営するネットショップらしい、かなりの数の商品点数だ。
 本社には1万1000商品があり、カラーやサイズなどのバリエーションを含めると5万SKU以上の在庫を管理している。
 商品点数の多いECサイトの管理編集は手間がかかって大変だが、トップページ、カテゴリーページ、商品ページのサイドナビは分かりやすいようにカテゴリー分類されており、サイト内検索など、お客さまが探している商品が見つけやすいように工夫されている。
 また、手芸用品は、クリスマス、お年賀、お年始、ひな祭り、五月人形など季節ごとに売れ筋が変化していき、その都度、サイト編集に手間をかけないといけない。

(続きは日本ネット経済新聞 11月26日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ