【ナカの”ヒト”】 <PETOKOTO 大久保泰介社長>/子どもができて変わった日常(2023年6月8日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

家族と愛犬と登山をする大久保社長(写真左から2番目)

 フレッシュドッグフードのサブスクなどを展開するPETOKOTO(ペトコト、本社東京都)の大久保泰介社長は、昨年の11月に第1子が生まれた。「愛犬との生活」を送る上で感じてきた「不便」が、事業展開のきっかけになってきたと話していた大久保社長。子どもが生まれ、日々生活する中で、新たな「不便」が見えてきているという。
 「愛犬と暮らす中で、宿泊や移動で不便を感じたこともあった。ペットと泊まれる宿泊施設はまだまだ少なく、価格も高い。移動手段も限られてしまっている」と話す。
 同社のウェブサイトでは、各地の「ペットと泊まれる宿」を紹介するコンテンツを提供している。実際に愛犬と暮らし、アンテナを張り巡らせていることが、新たな事業へのヒントにもつながっているようだ。
 「これまではコルク(愛犬)のためになることが、会社の方向性だったところもある。愛犬と暮らしやすい世の中を作ることができれば、それが飼い主のみなさんのためにもなる」と話す。

(続きは、「日本ネット経済新聞」6月8日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ