【ナカの”ヒト”】 〈ひなたライフ 江戸英雅 代表取締役CEO〉/「目立ちたい」が原動力

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

江戸英雅 代表取締役CEO

 インテリア雑貨のECサイト「ひなたライフ」を運営する、ひなたライフ(本社千葉県、江戸英雅社長)は、17年9月に創業した。今期で4期目を迎える。21年8月期の売り上げは、前期比約2倍の10億円を見込み、4年連続で業績が伸長している。
 事業が成長している背景には、江戸社長の「目立ちたい」気質が大きく関係しているようだ。
 江戸社長はEC事業に携わる前、俳優を目指して1998年に千葉・旭から上京。高校時代は学校をサボって遊び、暴走族にも入っていたという。「とにかく目立つことが好きだった」(江戸社長)と話す。こうした高校生活を母親が心配し、ある時、芸能界への挑戦を勧められたという。
 その挑戦を受け入れ、高校卒業と同時に養成所へ入った。レッスンに日々明け暮れ、セーラームーンなどの大きな舞台に出演した。奮闘するものの、道半ばで「甘くないことを痛感した」(同)。俳優の道を諦め、23歳の時、地元に帰った。

(続きは、「日本ネット経済新聞」5月13日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ