【ナカの”ヒト”】〈ozie 柳田敏正社長〉/ランニングはビジネスのヒント

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

柳田敏正社長

 ワイシャツのECサイト「ozie(オジエ)」を運営する柳田織物の柳田敏正社長は、ランニングをしながら、ポッドキャストなどで配信される音声コンテンツをよく聞いているという。「長距離のランニングをしていても、集中して音声コンテンツを聞いていると、脳が体の疲れを感じない」とも話している。
 柳田社長は、新型コロナウイルスが日本で流行を始める20年2月以前は、1カ月に約100~150キロメートルを走っていたという。外出自粛期間中はさらに距離を伸ばし、200~250キロメートルを走るようになった。緊急事態宣言が解けた現在も、月に200キロメートルのペースで走っているのだという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月23日・30日合併号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ