【ナカの”ヒト”】〈ストリーム 冨澤隆範enasプロジェクトリーダー〉/商品化の決め手は「音楽愛」

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

enasプロジェクトリーダーの冨澤隆範氏

 家電ECを展開するストリームは20年7月、プライベートブランド(PB=自主企画)である「enas(イーネーズ)」の本格展開を開始した。PB事業のかじ取り役を担うのが、enasプロジェクトリーダーの冨澤隆範氏だ。
 日々の生活には音楽が欠かせないという冨澤氏。PB商品第1弾として販売開始した小型CDプレーヤーは、そんな冨澤氏の思いを反映したこだわりの商品となっている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」9月17日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ