【ナカの”ヒト”】〈ピチカートデザイン セールス 高島裕也氏〉/商品愛とECでコロナに対抗

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ECサイト運営を統括する高島裕也氏

 ボードゲーム(ボドゲ)カフェを全国に展開するピチカートデザイン(本社東京都、白坂翔代表)で、通販事業を統括する高島裕也氏は、所有するボドゲの総数が500点以上という筋金入りのボドゲ愛好家だ。
 新型コロナウイルス感染拡大により、同社の主力事業であるボドゲカフェの縮小営業が続く中、持ち前の「ボドゲ愛」を生かした意欲的な施策を、ボドゲECサイト「JELLY(ジェリー)」上で打ち出している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」5月28日号で)

高島氏がナカの”ヒト”を務める「ボードゲームコンシェルジュ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ