【ナカの”ヒト”】<ソーキャリゼイション 白神襲之代表>/日本を南カリフォルニア化する(2023年3月23日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

白神襲之代表

 日本を「南カリフォルニア化する」ため、フードカルチャーを通じて南カリフォルニアのリラックスしたライフスタイルを提案しているというのが、ソーキャリゼイション(本社東京都、白神襲之代表)だ。同社は、南カリフォルニア産の、ワインやクラフトビール、ハードセルツァーなどをECで販売している。同社を設立した白神代表は、南カリフォルニアで約6年暮らしたことがあるという。そうした中で、「『ソーキャル(南カルフォルニア)』のライフスタイル、価値観に衝撃と感銘を受けた」と言う。
 白神代表は、大阪で生まれた後すぐにマレーシアに渡り、13歳までマレーシアで過ごし、日本に帰国した。大学卒業後は、通信系ベンチャー企業に新卒で入社した。入社2年目の13年に米国・サンディエゴの支社にオペレーションマネージャーとして赴任。同支社では、カントリーマネージャーやバイスプレジデントにも就任した。「仕事は好きで、楽しかったので遅くまで残業していた。いつも定時で帰る米国人の同僚に、心配されることもあった」(白神代表)と話す。

(続きは、「日本ネット経済新聞」3月23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ