【ナカの”ヒト”】 <ブックオフコーポレーション 木村学ゼネラルマネージャー>/知人の困窮が事業のきっかけ(2023年2月23日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

木村学ゼネラルマネージャー

 ブックオフコーポレーションは23年1月、食品ロス専門のECサイト「FOOD ReCO(フードレコ)」を開設した。事業の構想から立ち上げまで、事業開発部の木村学ゼネラルマネージャーが全て一人で担当した。
 サイト開設に当たり、木村氏は数十社のメーカーに営業の電話をかけたり、泥臭い営業を展開したという。困難な状況も乗り越え、事業を立ち上げることができた背景には、木村氏が過去に体験した”もどかしい思い”があった。
 食品ロスとはパッケージ不良や賞味期限が近いだけで、本来食べられるにも関わらず廃棄されてしまうこと。農林水産省によると、令和2年度の食品ロスの発生量は約522万トンを超えるという。
 木村氏が新事業の立ち上げを検討しているとき、たまたま知り合った人が、食品ロスの処理に苦慮していた。
 「ある菓子メーカーと話したとき、『まだ食べられるのに泣く泣く廃棄している。パッケージ不良だけで捨てるのは本当にもったいなく悲しい』と話していた」(木村氏)と話す。


(続きは、「日本ネット経済新聞」2月23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ