【ナカの”ヒト”】 〈ソノコ 宇田川裕昭代表取締役社長〉/添加物のない食生活(2022年8月4日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

宇田川裕昭代表取締役社長

 化粧品や食品・健康食品の通販を展開しているソノコ(本社東京都)の宇田川裕昭社長は、18年11月に入社して以来、内外美容をうたうソノコのメソッドに沿って、食生活に気を配っている。添加物が入っておらず、素材の味を生かした油の少ない食事を取る。食生活を変えてから、8週間後には体重が6キログラム減少したという。
 食生活を改めて3年以上がたった今では、添加物が多く入った食品を口にすると「体が受け付けない」と言い、舌がしびれるような感覚があるという。油を多く使った料理も同様で、腹痛になりやすい。すぐに体の外に排出してしまおうという反応を感じるそうだ。
 食生活を改善する前はファストフードやチェーンの飲食店にも行っていたが、それもなくなった。味覚にも変化があり、「素材の味が分かるようになった」。睡眠の質も良くなったと実感している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月4日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ