【ナカの”ヒト”】 〈ソーシャルインテリア 町野健代表取締役社長〉/サブスクで家具業界に革命 (2022年3月24日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

町野健社長

 ソーシャルインテリア(旧subsclife=サブスクライフ、本社東京都)の町野健社長が掲げるモットーは、「家具業界に革命を起こす」だ。18年に開始した国内初の家具サブスクリプション(サブスク)サービスを起点に、家具業界の新たなビジネスモデル構築に邁進している。
 町野氏がサブスクによる家具EC事業を開始した背景には、在庫不振や販路縮小に直面する家具業界への課題意識と、サブスクという消費モデルへの関心があったという。
 「家具とサブスクが結び付くことによって新たなビジネスが生まれる」。こうした思いを胸に、海外でも当時確立されていなかった、家具のサブスクサービスを18年に開始した。
 サブスク市場の拡大やコロナ禍によるリモート環境構築・オフィス移転需要拡大も追い風に、事業は成長を続けている。「『サブスク』という消費モデルも、認知から定着のフェーズへと移行している」と話す。

(続きは、「日本ネット経済新聞」3月24日号で)

ソーシャルインテリアメインビジュアル

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ